一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
あれからすべてが変わったきがする、、、
パリから帰ってきてあくる日の3月11日、東北大震災がおき 被災された方々の生活、心を一変させ
直接の被害のない全国民、そしてそれを連日連夜の報道で知った世界のみんなの価値観が変わった気がする、、、リーマンショック後、何か変わらねばならない事 変えなければならない事はみんながしっていたはず、、、それを大きく加速的に変えるきっかけになった が正しいのではないだろうか。

私も正直パリから帰る飛行機の中では、どうすればいいのか、、、どの方向に向かうことがいいのか、、、次 どんな楽器を作ればいいのか、、、がはっきり見えてはいなかった。
そしてあの痛ましい東北大震災で周りが急に慌しくなり 将来に対してもみんなシビアに向き合う姿に
こんな楽器を作っていて良いのかとさえ思え 机に向かって新しい楽器の製作などできる気持ちではなかった。
震災後全国各地の自粛ムードに音楽コンサートは次々キャンセルされ 報道では被災された方々の
すべてを流されすべてを失い「できる仕事があれば何でもしたい!稼がねば!」の悲痛な叫びに
オンド・マルトノで稼げるのか!?このままやり続けて食っていけるのか!?オンド・マルトノはみんなを幸せにしてくれるのか!?自問自答の毎日が嫌がおうでも付きまとい 小さく小さくちじこまっていた時、ピアニストでオンディストの大井 浩明さんからの電話、「月末のコンサート予定通りやりますから楽器かしくださんしょ!!」あの独特な口調で言いはった。
「楽器はやはり演奏家に弾かれてなんぼ、みんなに聴かれてなんぼやし、、、まあ、いっと来ますか!よろしゅう頼みます!」自分までつられて、、、ちなみに大井さんは大阪弁ではなく京都弁どす。

コンサートは無事終わり 私にとって このオンド・マルトノにとっても本当にいい経験をさせていただいたと思う。行くべき道が、進むべき方向が見えた、、、それまでアナログにこだわり続け作ってきたオンド・マルトノ、、、ひまを見てはマイコンいじって音出したりLED光らせたりしながら「やっぱりピッチ制御はマイコンしかないかな〜いやいや、マイコン使ったらオンド・マルトノじゃなくなっちゃうでしょ!」
同道巡りの困惑の日々に明かりが見えた感じに 勇気と力が蘇ってきた。

転機、まさに転機だ!4年間お世話になった浅草の工房、、、この期にAKIBAに引越しです!
正確には湯島なのですが秋葉原より徒歩10分、自転車で3分のロケーション まさにAKIBAは
私の在庫箱!!それにビルのオーナーはなんとチェンバロ奏者で1階半分を音楽スタジオにして
オンド・マルトノとチェンバロ教室を開きましょうと言うことになりスタジオ作りました。
この秋よりオンド・マルトノとチェンバロクラスを開校したり 「みんなでオンド・マルトノ作っちゃおー」
のワークショップをしたりと楽しい音楽スペースを作りたいと計画しています。
AKIBAなのでAKIDENにするかと思いましたが、千葉にいてAKIBAおたくには有名な浅草技研が
あるし、、、彼も開業時浅草で始めたらしいがその後千葉に移ったが名前はかえなかったらしい。
はじめの気持ち、浅草への感謝の気持ちを忘れないためにもASADENはASADENでオンド・マルトノ作り続けます。
| 工房 Atelier | - | - | posted by ASADEN -
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -