一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
 
| ASADEN | - | - | posted by ASADEN -
 

パリに行ったら フィレ・ミニョンといえばポークだけど、、、
やっぱり和牛がすき、、、

肉は素材勝負で いい肉を買ってくれば家で焼いても 雰囲気を抜きにすればそこそこ、
一流どころの味を楽しめる。

そういえばいつも通っていた吉祥寺のステーキハウス「峰」の味が恋しい、、、
突然姿を消してしまったあの犬好きの峰さん、、、
アノ味はどうしてもまねできない、、、
かしまの森美術館にも足が遠のき、神栖のステーキハウス「新富」にもご無沙汰で、、、

ASADENと命名する前、肉好きの僕は 作ったオンドの名前を
オンド・ミニョンにしようと思い パリの友達イブにどうかと聞いたら
「お前はゲイか?」といわれてしまった、、、
僕はゲイではないけど フィレ・ミニョンは大好き、、、
| ASADEN | - | - | posted by ASADEN -
 

××フェチとか ××オタクとか しばしば言われていますが
電気関係でも ハンダ付けの美しさに心奪われたり
カラフルな配線や  オーガナイズされた配線の配置に魅了されたり 
電子部品を見ているだけで時間がたつのも忘れるくらいうっとりする などなど
ひとそれぞれ その類の感情が起こるのは わからないでもないです。

オンドを作りながらも 配線やハンダ付けなどは極力きれいにしたいし 
配線をどう回すかにも頭を使い 機能的に配置したときには美しい
そこから愛着を感じるものです。

そんなものがたくさん内臓されているASADENオンドですが
その何よりも そこから出る音で多くの人々を魅了させたい。
音で感じ 感じさせたいです。
| ASADEN | - | - | posted by ASADEN -



戦後 高度成長期を過ぎゆく真っ只中を生き、かれこれ半世紀が過ぎようとしています。
私と同じ歳のこの無線と実験は めまぐるしく変わっていくこの世の中で
変わらず今も続いている物のひとつです。

小学校のときから算数や国語の教科書は忘れても 絶対に忘れずランドセルの中にしのばせてあった私の大事な教科書、、、

電子技術もめまぐるしく発展し 通信やテレビもすべてがアナログからデジタルへ変わっていく今、
でも基本的な技術は何も変わっていないような気がします。

こんな昔の無線と実験のページを久しぶりにめくってみても 何か新鮮な感じで
あらためて勉強になったり新たな発見ができたり、、、

初めて日本を離れ香港に住んだとき 
小さいときから飲んでいるヤクルトをスーパーで見つけ変わらぬ味に感激し、、、
ジムの帰りにいつも飲むオロナミンCを飲みながら
変わらぬ量と絶妙な炭酸の爽快感にうなづいて、、、
カップめんに毎週のように新製品は出るけれど 最終的に日清のカップヌードルにもどる、、、
変わらぬ良さが何かそこにはある、、、変えてはいけない何かも、、、

はじめてオンドに出会ったときの音色は 私が昔大切にしていたこの本の中から聞こえてくるヘテロダインの音にリンクして 背筋の中から感激がこみあげて いつしか涙していた、、、
オンドにも変えてはいけない何かを感じる、、、
ASADENはオンドを通じて千年企業をめざします。
| ASADEN | - | - | posted by ASADEN -